レビトラは日本のだけではなく、世界中で生産、発売されています。その購入方法として、個人輸入と医療機関の二つがあります。ここで、詳しく説明します。


購入方法

個人輸入について

個人輸入の場合は、海外医薬品の通販サイトで購入する必要があります。注文方法はアマゾンや楽天など通常の通販サイトと同様でですので、誰でも簡単に注文することができます。

国により貨幣価値などが違うために、国内で処方を受けるより個人輸入したほうが安くなる場合があるのが現状です。

病院での処方と比べて半分以下の価額で購入ができます。さらに、レビトラジェネリックであれば、1錠150円ほどで購入できる商品もあります。価格を抑えて、EDを治療したい方には非常におすすめです。

医療機関について

医療機関で入手する場合は、まず専門の診察を受けて処方してもらう必要があります。安全性から考えてみると、何より診察をしてもらうほうが、安心です。

副作用や飲み方によくわからなくとも、相談することもできます。別途服用している薬がある方や持病をお持ちの方は、こちらの方法をおすすめします。

受診科目は泌尿器科が一般的ですが、内科や美容外科などでも処方してもらうことが可能です。ただし、医療機関で処方してもらう方法は価格が高いのです。確かに、それは医療機関ごとに異なりますが、診察料(や初診料)がプラスされるので、自由診療というのも考慮すると大体の場合は2500円ぐらいプラスします。かなりの金額ですね。

偽造レビトラについて


偽造レビトラについて

バイエル薬品をはじめとする製薬会社4社合同で調査を実施し、個人輸入で、購入した、ED治療薬を化学分析を行った、その40%が偽造品という結果が判明しました。個人輸入する場合、信頼出来るサイトから購入するほうがオススメです。

偽造医薬品の製造現場で作られた錠剤には不純物が混入し、、服用することで死亡するケースも発生しています。また短期的には問題がなくても、長期服用により体にどのような影響があるのかなど、未知の健康被害の可能性もあります。

正規品と偽造品は、極めて類似した色・形状を有するものもあり、一見しただけでは判別するのが困難です。

外箱や包装シートが本物のように見えても、品質が保証されているわけではありません。 海外から持ち込まれる偽造レビトラ錠は、知的財産権を侵害するものです。偽造品の国内への持ち込みは禁止されています。