EDと精力減退の関係

数多い男性の悩みの中で一番困らせるのが、EDと精力減退です。違う病気ですが、実は意外の関連性を持っています。

EDと精力減退

EDについて


EDとは、男性の性機能障害の一つで、いわゆる「勃起不全」のことです。専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

現在日本のED患者が増えてきています。日本国内では1,130万もの人が勃起しないために性交をすることができないEDであると推定されています。EDになる割合は加齢とともに高くなり、40歳代では20%なのが、50歳代では40%、60歳代では60パーセントと倍増していきます。

EDの原因ですが、加齢と思われがちですが、実は20代の若い男性にも増えているので要注意です。中高年の男性に見られるEDは、加齢による動脈硬化、運動不足からなる生活習慣病などがきっかけとなます。年齢が上がるにつれて、血管や神経に様々な障害が起こるためですが、特に動脈硬化による血管障害はその原因のひとつです。

また、脊髄損傷などの外傷もEDに繋ぎます。それは発信した勃起信号が勃起中枢にまで伝達されないというのも可能性のある原因です。他にも、cGMPが発生しないとか、PDE-5の作用が強くcGMPがすぐに分解されるなど、多くの原因が考えられます。

EDの治療には、バイアグラやシアリス、レビトラといったED治療薬が使用されています。勃起しない・持続しない原因と言えば、主に血流量に関わっています。ED治療薬の成分は血管を拡張して海綿体に十分な血液が流れるようにします。

精力減退について

精力減退について


一方、精力減退は性ホルモンと深く関係しています。精巣は精子をつくる臓器であると同時に、男性ホルモンのひとつであり、性欲と性機能をつかさどるホルモンである「テストステロン」の合成も行っています。テストステロンの分泌が減少してしまうと、精子の発育が悪くなって、勃起中枢が興奮しにくくなり、勃起力が低下して、全身に力がみなぎらなくなってしまい、結果として精力減退などの症状が出てくるわけです。

精力減退の治療には普段の食事から、ヨード(ヨウ酸)、亜鉛、アスパラギン、アルギニン、ビタミンEといった成分を多く摂食するようにします。これらの成分は、身体の生殖器を刺激し、性能力を活性化させ、精力減退や中折れを改善させます。

ED勃起不全
糖尿病とEDの関係

糖尿病はインスリン効果の不足により、慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。放置すると様々な合併症を引き …

ED勃起不全
ED重症度の分類

EDとは、英語で「Erectile Dysfunction」、「勃起不全」または「勃起障害」と認識さ …

ED勃起不全
EDの予防・治療方法

EDは乱れた食生活や運動不足といった生活習慣の歪みによって引き起こされる病気でもあります。ED を改 …