ED重症度の分類

Erectile Dysfunction

EDとは、英語で「Erectile Dysfunction」、「勃起不全」または「勃起障害」と認識されています。完全に勃起できない状態という誤解が多いですが、専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」とされています。

 

現在の社会で、仕事や家庭などのストレスがだんだん重くなっていますので、周りの人がこういう病気になることが多いです。勃起不全の症状を専門的に見ますと、性交を行う時、十分な勃起が出来なかったり、維持できない状態を指しています。

 

世界的に見るとEDになる男性の割合はそれほど高いわけではありますせん。しかい、日本人でEDに発症する確率は極めて高く、東邦大学名誉教授の白井將文さんが1998年に男性を対象として行われた調査によると、実に1130万人に達して、中等度EDが870万人、完全EDが260万人と推定されています。成人男性の4人に1人が中等度以上のEDとなる。調査データからは、30代はまでは5%ほどだったED患者の割合が、40代に入ると15%程度まで急増しているのが見てとれる。50代になるとED患者の割合は3割を超え、50~60代だけに限れば5割に達する。つまり、日本の50~60代の男性の2人に1人がEDということになります。

 

ところが、EDを自覚し、性生活に満足していない男性が全体の約4割もいるにもかかわらず、実際に医療機関で相談した人はおよそ90万人と、ED患者数のわずか4.8%、ED治療先進国のアメリカと比べて10分の1という低水準です。彼らが医療機関を訪れない主な理由は、「日常生活にさほど影響がない」「そもそも性行為に関心がない」「恥ずかしいから」といったものだ。本当に「性行為に関心がない」層は別にして、のちに詳述するが、EDは放置しておくと必ず悪化します。日本人男性の多くが、手を伸ばせば届く幸せを自ら放棄しているのに等しい状態にあります。

重症度の分類

重症度の分類


“たまにできない”軽度EDを含めると、EDと診断される人はさらに増え、外来患者さんでの調査ですが、成人男性のなんと53%にものぼります。

中等度や完全という重症度の分類は、診察時に簡単なEDの定義を受けた後、次の4つの状態のうち、どれが自分に当てはまるかを患者さん本人が分類する拠り所です。

EDではない=毎回、性交に十分な勃起を得ることができて維持することもできる

軽度ED=たいていの場合、性交に十分な勃起を得ることができて維持することもできる、たまに性交できない

中等度ED=性交に十分な勃起を得ることができず維持することもできない、時々、性交できない

完全ED=性交に十分な勃起が得られない。また、維持もできない、常に性交できない

ED勃起不全
糖尿病とEDの関係

糖尿病はインスリン効果の不足により、慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。放置すると様々な合併症を引き …

ED勃起不全
EDの予防・治療方法

EDは乱れた食生活や運動不足といった生活習慣の歪みによって引き起こされる病気でもあります。ED を改 …

ED勃起不全
EDと精力減退の関係

数多い男性の悩みの中で一番困らせるのが、EDと精力減退です。違う病気ですが、実は意外の関連性を持って …