バイアグラジェネリックについて

バイアグラの特許

ジェネリックという言葉はこ存じですか、ジェネリックまた、後発医薬品とも呼ばれるものは、先発品と同じ有効成分で製造された薬のことです。 他の企業が特許のすでに切れた先発医薬品を、後発的に製造・販売した後発医薬品のことをあらわします。研究費用がかからないうえ、価格は抑えられた薬として国内でも認知が広まりつつあります。

バイアグラの特許は物質特許が2013年5月17日に切れて、用途特許が2014年5月13日に切れています。そして日本国内でも国内大手後発品メーカーである東和薬品やキッセイ薬品工業などによりバイアグラジェネリックが発売開始されました。

これまでバイアグラを始めとしたED治療薬は特許期間中であったため、これらのジェネリックも作ることができませんでした。しかし、バイアグラは2014年5月に特許が切れたため、現在はジェネリックを作ることができるようになっているのです。

2014年5月以降は多くの製薬会社がバイアグラのジェネリックを作り、各クリニックでもいくつかの種類が取り扱われています。ジェネリックは新薬に比べて価格が低下しているため、これまでよりも費用負担を少なくすることができます。バイアグラジェネリックの登場により、ED治療薬は利用しやすくなったのです。ただし、バイアグラジェネリックも薬価が定まっていない自由診療であるため、各クリニックによって価格が異なることは覚えておきましょう。

代表的なジェネリック医療品は以下

代表的なジェネリック医療品は以下


カマグラとは、インドのムンバイに本拠を構えるアジャンタ・ファーマ社(Ajanta Pharma Limited.)という製薬会社が生産しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。インド国内用で発売されている「カマグラゴールド」と輸出用の「カマグラ」の2種類があり、有効成分はどちらもバイアグラと同じシルデナフィルです。

ペネグラは、インドの Zydus Cadila 社という大手製薬会社が生産しているバイアグラのインド製ジェネリック薬品です。
日本からは撤退しましたが今でも世界60カ国以上でザイダス社のジェネリック医薬品が各国の公的機関から認可を得て販売されています。

カベルタは同様に、シルデナフィルが主成分として含有しているバイアグラのインド製ジェネリック医薬品です。製造販売する製薬会社はランバクシー・ラボラトリーズ社(Ranbaxy Laboratories Limited)です。ジェネリック医薬品の部類では全世界で10位以内に入るほど大きな会社で、世界7カ国に工場を持ち医薬品も150カ国以上で発売されインドでは最大手の製薬会社なのです。

シラグラとは、インドのムンバイに本社を置く製薬会社「Cipla(シプラ)」が生産した米国ファイザー社の「バイアグラ」のジェネリック医薬品です。厳密にいえばバイアグラの特許が切れる以前から発売開始されている為、インド製コピーバイアグラとなりますが、バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含んでいる点は、バイアグラと全く同じです。
特徴としては、バイアグラに比べ安価で購入できます。その理由は、インド国内では医薬品の特許に関する取り締まりの緩さが影響していて現状ではバイアグラの開発元であるファイザー社に特許料を支払うことなく製造、販売ができてしまっているからです。

先発品バイアグラ
バイアグラの体験談

バイアグラとはシルデナフィルを成分として製造された医薬品で、ED、いわゆる勃起不全に治療効果がありま …

先発品バイアグラ
バイアグラの成分

バイアグラは薬で、1990年代前半にアメリカで開発された最も歴史がある有名なED治療薬です。世界最初 …

先発品バイアグラ
バイアグラの副作用

バイアグラは最初のED治療薬としてある程度の副作用が認められています。よく見られる副作用として、めま …