バイアグラの成分

バイアグラは薬で、1990年代前半にアメリカで開発された最も歴史がある有名なED治療薬です。世界最初のED治療薬としてNO.1の処方実績をもって、不動の人気を誇ります。初めてED治療薬を利用するという方、安心・安全を求める方におすすめです。

シルデナフィルの由来

シルデナフィルの由来


バイアグラは有効成分としてクエン酸シルデナフィル(Sildenafil citrate)を含有しています。

もともとシルデナフィルはED治療薬ではなく、1990年代前半、狭心症の治療薬として開発が進められていましたが、第1相臨床試験において、狭心症への効果は僅かで試験は中止されましたが、被験者から男性器の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売される運びとなりました。

1998年にアメリカでバイアグラという名称で販売を開始。発売直後からマスコミやインターネットなどで「夢の薬」「画期的新薬」と騒がれ、日本にも多くの個人輸入代行業者の手によってもたらされるようになりました。日本では1999年1月25日にバイアグラの製造が正式に承認され、同年3月23日よりファイザー株式会社より医療機関向けに販売が開始されました。

シルデナフィルの効果

シルデナフィルの効果


勃起は、実は性器の海綿体に血液が集まることで硬くなるのです。陰茎に性的刺激を受けることで一酸化窒素が分泌され、環状グアノシン一リン酸という物質が形成されます。この環状グアノシン一リン酸が陰茎海綿体の筋肉を弛緩させ、それに伴い普段は閉められている血管が緩むことで、陰茎海綿体に血液が流れ込み、陰茎内の圧力が上昇し勃起に至るというワケですね。

シルデナフィルが勃起にどう作用するのかというと、この環状グアノシン一リン酸という物質の働きに大きく関係しているのです。環状グアノシン一リン酸は勃起のために欠かせない物質ですが、実は、体内にある5型ホスホジエステーゼ(PDE-5)という酵素によって分解されその力を失ってしまうという特徴があります。

主成分であるシルデナフィルは、環状グアノシン一リン酸の分解を行うPDE-5(5型ホスホジエステラーゼ)の酵素活性を阻害します。ペニス(陰茎)周辺の血管拡張を促し、血液の流れを増やすことによりED(勃起不全)に役立つとされています。心因性ED、器質性ED、複合型EDのいずれにも効果を発揮します。

先発品バイアグラ
バイアグラの体験談

バイアグラとはシルデナフィルを成分として製造された医薬品で、ED、いわゆる勃起不全に治療効果がありま …

先発品バイアグラ
バイアグラジェネリックについて

ジェネリックという言葉はこ存じですか、ジェネリックまた、後発医薬品とも呼ばれるものは、先発品と同じ有 …

先発品バイアグラ
バイアグラの副作用

バイアグラは最初のED治療薬としてある程度の副作用が認められています。よく見られる副作用として、めま …