即効性で認められたED治療薬「レビトラ」とは、ジェネリックの真実

レビトラで変える!5mg,10mg,20mg

レビトラとは


レビトラはバイアグラの後に2番目に承認を受けたED治療薬です。製薬会社はドイツに本社を置く「バイエル薬品」となっております。

2003年に発売され、日本では2004年4月に厚生労働省から承認され、2004年6月に[5mg]と[10mg]のレビトラの発売が開始され、高用量規格の[20mg]に関してはそのあとの2007年7月に販売されました。

レビトラの見た目はオレンジ色の円形の外形が特徴です。その名前は、フランス語の男性定冠詞である「le」とラテン語で生命という意味の「vitra」を組み合わせたもので、男性の生命を表しています。

バイアグラから改良、食事の影響はない?


世界初めてのED治療薬と愛用されてきたバイアグラですが、一つ致命的な欠点があります。それは食事の影響を非常に受けやすいというところです。使用する際には食事と性行為のタイミングをよく考えなければなりませんでした。これを解消したED治療薬が、レビトラです。レビトラはバイアグラに比べて食事の影響を受けにくく、標準的な食事であれば影響がありません。レビトラは食事の影響を受けません。

健康成人男子24例にレビトラ20mgを標準的な食事(総エネルギーに占める脂肪の割合が約30%)摂取直後に投与した 場合、未変化体のAUC及びCmaxに食事摂取による影響は認められなかった。

レビトラ20mgを空腹時及び食後に単回投与したときの血中末変化体濃度

レビトラの特徴、食事の影響

標準的な食事とは栄養学において定義されている成人男性の1食分の食事のことで、およそ700kcalとされています。また、総エネルギーに占める脂肪の割合が30%までという制限もあり、牛丼チェーン店で提供されている牛丼の並盛りがボーダーラインといわれています。この条件さえ守れば、食事の影響は受けないという研究データがあるのです。

ジェネリックの真実


ジェネリックという言葉はこ存じですか、ジェネリックまた、後発医薬品とも呼ばれるものは、先発品と同じ有効成分で製造された薬のことです。 研究費用がかからないうえ、製法などを工夫することがでコストの削減が可能です。

先発品と同等の効果を持ちながらも、価格は抑えられた薬として国内でも認知が広まりつつあります。

レビトラジェネリックまとめ

厚労省認可の正規レビトラジェネリックが登場するには、レビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物の物質特許及び勃起不全改善という効果効能に与えられる用途特許が満了を迎えなければいけません。

ただし、この2つの特許が満了を迎えていてもバルデナフィル塩酸塩水和物を有効成分とする薬剤を製造する方法に対する製法特許も出願されているので、あくまで競合製薬メーカーは、バイエル薬品の製法特許を侵害せずに製造することができ、厚労省より製造販売承認を取得した後、国内正規品のレビトラジェネリックを発売することができます。

レビトラは2004年から製造・販売されたから、現在国内で認可されているレビトラの正規ジェネリックは販売されておりません。しかしながらインターネットで「レビトラジェネリック個人輸入」で検索すると多くの個人輸入代行業者の運営する通販サイトが出てきます。

サイトの中をしらべてみると、日本では存在しないレビトラのジェネリックが全てインド製ですが数種類販売されています。レビトラは国際的にも特許が満了を迎えていないので本来は存在しないはずなのですが、どうしてインドだけでは存在しているのか?それは他のページでも紹介している通りインドでは「2005年まで物質特許が認められていなかったこと」「発展途上国を支援する国境なき医師団の慈善事業の絡み」「地元の製薬会社からの反発」等が原因で、未だに先発品メーカーも諦めざるを得ない状況だからです。

代表的なジェネリック医療品は以下


レビトラの全貌、一つ上の満足感

バリフ(VALIF)

バリフはインドのAjanta Pharma社が製造・販売しているレビトラジェネリックです。有効成分はレビトラと同じバルデナフィルですので、効果・副作用に関しても同等であると言えます。
錠剤だけではなく、バリフオーラルゼリーというゼリータイプも販売されています。バリフオーラルゼリーには7種類の味があり、薬剤特有の苦みが苦手な方にとっても服用しやすい工夫がされております。

ビリトラ(VILITRA)

ビリトラ(Vilitra)は、Centurion Laboratories社が販売されたジェネリックです。
水に溶けやすい性質を持っているので即効性があることと、バルデナフィル20mg含有しているのにもかかわらず錠剤がかなり小さいのが特徴です。

ジェビトラ(ZHEWITRA)

ジェビトラとはSunrise Remedies社が製造販売するジェネリック医薬品です。このジェビトラは先発のレビトラと違いmg数が10mg錠、20mg錠の他、40mg錠、60mg錠の計4種類になっていることが最大の特徴です。
ジェビトラはインド国内では認可は受けていますが日本国内では厚労省の認可は受けていないお薬です。

サビトラ(SAVITRA)

サビトラはインドのSava Medica社が製造・販売しているレビトラジェネリックです。現在、2種類販売されています。ED改善の有効成分であるバルデナフィルの含有量によって、ビトラ20mg(バルデナフィルを20mg配合)と、サビトラ10mg(バルデナフィルを10mg配合)です。どちらも基本的な配合成分は一緒ですが有効成分の量が異なりますので、効き目の強さに反映しています。

レビトラの処方

レビトラの処方


 

レビトラ「LEVITRA」は飲むタイプのED治療薬として、体質や併用薬によっては服用できない場合が多くあります。(たとえば、臓や心血管に問題がある方や重い肝機能障害を患っている方、先天的に不整脈のある方、重度の低血圧・高血圧の方)安全に正しく服用するためにも、病院で診察を受けた上で処方してもらうことが大切です。

一般病院診察から処方も含めて、処方までは5~10分ぐらい掛かります。ED治療薬の処方は日本の医療機関では保険診療対象外ですので保険証は不要です。

正規レビトラを一錠、日本の医療機関でから手に入れようとすると、一般的に2500円~3000かかってしまいます。

通販でレビトラを購入するのは、1000円~1700円程度となります。また、3種類も揃っています。

一番経済的の方法として、初めて使用する方はまず、正規の医療機関で診察を受けて、処方箋もらった後に通販で入手するのがオススメです。(通販では日本で、まだ流通していないジェネリック医療品も入手できます。

ED治療における精神安定剤について
• 緊張が原因でED気味になっている方は精神安定剤(1錠100円)との併用をお勧めしています。
• 精神安定剤のみでの処方はしておりません。ED治療薬と同数までの処方となります。

レビトラ通販


レビトラは人気度の上昇につれて、レビトラを通販で販売しているサイトは数多くあります。多くの売り手に模倣されて本物のレビトラによく似ている偽物を作ってきました。通販だと実物がわからないのでお客様がレビトラを買うとき、不安なことがたくさんあると思います。そして、誰もができるだけ安く購入したいと思うのではないのでしょうか?

品質保証に関しては、こちらで、販売させていただいたレビトラは、品質を証明するために第三者機関の調査報告書を画像で提示して販売しています。偽物の業者の場合言葉だけで画像がない場合が大半です。また、本サイトはいろんなイベントが開催中、現在レビトラセット最大50off、今度のチャンスを逃さないでください。

 

レビトラ通販

◆通販サイトレビトラのメリット◆

  • ちゃんとした連絡先があり
  • 品質保証・返金規定も可能
  • 包装品質保証
  • たくさんのジェネリック医療品
  • サイト内の日本語が不自然ではない
  • 参考できる体験談

正規レビトラの通販サイト